伊達のほそぼそボドゲ日記

2017年の夏の終わりから、ボードゲームにはまりだす。好きなボドゲは「パンデミック」、「ゾンビサイド」、「テラフォーミングマーズ」「サンクトペテルブルク」「カヴェルナ」「デッドオブウィンター」、「将棋」。やってみたボドゲや、そのコツ・ルールなんかをほそぼそと書いていくつもりです。

一対一の決闘「ウォーハンマー ナイトボールト」

こんにちは、伊達です。

最近は塗装にハマってしまい、ボードゲームの記事なのか、ミニチュアペイントの記事なのか、自分を見失っていましたが、やっとボードゲームっぽい記事を書けます!

 

ちなみにこちらでは、組み立てから塗装までの超初心者ならではの苦労を書き綴っています。

dateomix.hatenablog.com

 

紹介するのは、「ウォーハンマー ナイトボールト」

 

f:id:dateomix:20181218121704j:plain

この、骸骨っぽい魔物と、黄金の騎士とが戦います。

f:id:dateomix:20181218121820j:plain

ただし、今回は初めてなので、こちらのチュートリアルルール。

f:id:dateomix:20181218121903j:plain

連れの扱う骸骨三体。基本的に体がない。かっこいいなぁ。

 

f:id:dateomix:20181218121927j:plain

全員戦うわけではなく、3対2の構成。伊達は、黄金聖闘士もとい黄金の騎士を担当。正式にはストームキャストと言うのでしょうか?

 

f:id:dateomix:20181218122531j:plain

初期配置は、こんな感じ。

お互い一手ずつさしていって、先に全滅させた方が勝ち。

 

それぞれ四アクションで、一ラウンド。

f:id:dateomix:20181218122643j:plain

できる行動は、

移動

攻撃

突撃

防御

の四つ。

突撃は、移動と攻撃を、合わせたもの。デメリットは、一ラウンドが終わるまで動けなくなること。

 

それと、攻撃の際、味方が近くにいると、援護になり、攻撃成功の確率が上がる。

防御側は防御成功率が上がる。

 

要は、相手を囲みつつ制圧した方が勝ちというルールだ。

f:id:dateomix:20181218123052j:plain

釣られた男を撃破して、二対ニ。

これなら楽勝かな、と思った矢先に、奥にある黄金戦士が倒される。

f:id:dateomix:20181218123304j:plain

即座にもう一体倒し、さぁ、タイマンだ!

 

連れは突撃を使ってしまっており、動けない!

そこを攻撃し、撃破!

 

勝てました〜

 

チュートリアルなので、まだまだ使ってないものはたくさんありますが、動き次第でかなり変わってくるなという印象です。

また、攻撃した後のノックバックさせる効果はなかなか面白いなと思いました。単純な乱戦にはならないので。